DAICHIと僕と、夢の跡

ダイアリーからのスムーズな移行に失敗した男

人の上に人を創らず

最近になって、ようやく職場に人員の補充が行われた。

会社の将来の事を思うなら、継続的に若い人を雇用して社内の人口ピラミッドの構成をピラミッド型にするべきなのだろうが、
今の会社はコマの形だ。いや、最近の日本の人口ピラミッドの形とほぼ同じかな。
いや、コマだ。


そして補充された人員2人は50代だ。
何故だ。



1ヶ月半程前、1人先に働き始めたんだが仕事を全然覚えんし、そもそもそのレベルの話ではない。
本当に正常なのか不安になるところだ。

例えば、「紅茶をいれる」という行動。
「紅茶をいれて」と言えば、やった事のある人は全員出来ると思う。
使う道具が一通り揃えてあれば、自分で考えてやれるだろう。

やった事無くても、「コップにティーバッグを入れて、お湯を入れて2分待つ」
これくらいの情報を与えてあげれば出来るはずだ。


しかしその人はそれだけでは無理だ。

ティーバッグを袋から出したらゴミをゴミ箱に捨てる。」
ティーバッグをコップに入れる」
「ポットのボタンを押す前にコップをポットの前に置く」
「ポットのボタンを押してコップの7割くらいまでお湯を入れる」
「2分待ったらティーバッグを取り出してゴミ箱に入れる」
「コップにお湯を入れたら熱くなるから取っ手を持つ」
「お湯が無くなったら水を補充する」
「使い終わったコップは洗って元の場所に戻す」
「お湯を触ると火傷するからお湯を触らない」


ここまで説明してやっと出来るか出来ないかってところだ。

仕事は覚えているのかもしれないが、注意力が低過ぎてかなりミスが多い。

ゴミを捨てずにその辺に置きっぱなしにしたり、
使い終わったティーバッグをその辺に置きっぱなしにしたり、
ポットの水が空になったけど放置したり、
コップにティーバッグを入れずにお湯を入れたり、
ポットのフタを開けっ放しにしたり、
ゴミ箱じゃない所にゴミを入れたり、
使い終わったコップを洗わずに片付けたり、
ティーバッグを漬けたまま他の事をして、紅茶入れてる事を忘れたり、
そもそも紅茶を入れるという作業自体を忘れるまである。

その人に「2時丁度に紅茶を用意しておいて」と伝えたとしたら、
1時50分くらいに「お湯を沸かした方が良いですか?」と聞いてくるぞ。

「2時丁度に紅茶を用意しておいて」と言われたら、2時より前にお湯が沸いてないといけないし、2時より前に作り始めないといけない。不思議だよな!


これは例えなので実際の作業では無いが、これをスケールアップしたような事がめちゃめちゃ起こる。

1ヶ月以上やっていても全然良くならない。
良くなったと思うと、別の所でミスをする。



そして5日前からもう1人の50代の人が入ってきた。
5日前は研修。4日前は見学で、3日前から少しずつ作業を体験して貰っている。

その人は始めて3日目だが、既に1ヶ月半前からやっているおっさんの仕事の理解度を超えてしまった。

みんなそのレベルで覚えて行ってたような気がするが、対比でめっちゃ優秀に見える。

相棒

俺が小学1年生の時から飼ってるマブちゃんがさっきお空に旅立って行った。
17歳のシーズーだ。

4年前くらいに肺水腫で呼吸が荒くなった事があったが、それから毎日薬を飲んで何とか最後まで
肺水腫で苦しむことなく生きることができた。

肺水腫の原因は心臓にあるため、心臓を取り替えるほかに原因を取り除く事は出来ない。
ネットで調べても、発症してから数ヶ月から数年で死ぬと書いてある。
平均しても1年も生きられないらしい。

老衰で死んだのは奇跡だ。

死ぬ間際はやはり身体はボロボロの状態ではあった。
白内障で目も見えず、耳も聞こえず、歩くことも出来ず、殆ど何も食べずだった。
右目は感染症か何かで目ヤニが大量に出て萎んでしまっていた。
脱腸もたまに痛くなっていたようだし、肛門付近の腸内には腫瘍が出来てた。


今日仕事に行く前、マブちゃんの呼吸は荒くなっていた。
もしかしたら最期が近いのかもしれないと思った。
たまにワウワウ唸ったり、吠えたりしていた。

ここ数ヶ月、吠える元気も無かったのに最近で一番大きい声だった。

仕事から帰ってきたら、頭をやさしく撫でてあげた。
匂いを嗅がせてみたりして、マブちゃんのほぼ機能していない感覚器に、帰ってきた事を伝えようとした。
その4時間後にマブちゃんは息を引き取った。


安心したような、つらいような気分。
1年くらいはずっと寝たきりだったし、何種類も薬を飲ませて無理やり延命し続けてたようなものだったから。
死という状態はとても自然な事だと前に書いたけど、生きている側の人間が、死に行こうとする生き物を無理やり引き止める事は必ずしも良い事では無いかもしれん。

明け方の夢

夢日記


朝3時頃に家に向かって車を運転していた。
5時半には起きて仕事に向かわないといけないから
2時間くらい寝てから仕事に行くか、とか考えていた。

しかし、朝3時だというのに空は明るくて、太陽は見えない。
白く濁った水に数滴の水色の水を垂らしたような、ほぼ真っ白の水色の空だった。

家の近くを通った時、近所の家の庭で、俺が小学生の頃の友達たちが当時の姿のまま中線踏みをしていた。
懐かしい笑い声を聞いて、今まで忘れていた友人の1人を思い出した。


家に着いたら、知らないおじさんがうちの犬を抱いて待っていてくれた。
何となく知っている人のような気がした。
犬の方は既に今と同じように歳をとっていて、よぼよぼのおじいわんだった。

俺は抱かれている老犬の頭を撫でて、「お前が可愛すぎて、今日は寝られそうに無いな。」と言った。

時計を見たら朝の3時40分だった。



そこで目が覚めて夢は終了。


最近、結構夢を見る。

夢の中で、半年くらい前に死んだ親友に会う事も多い。
会う度に、「何で死んだのだ?」とそいつに聞いていると思う。
嘘でもいいから何か聞いて納得したいんだが、その質問をするとどこかを見つめたまま、答えづらそうに言葉を濁すだけ。

その答えは俺の中で、勝手に作ってはいけないからだと思う。

不意に思い出して、一昨年まで使ってたスマホを取り出してアルバムを見てみたら
俺の家でそいつがVRのサメに怖がってる所を撮影したムービーがあった。

俺は人の写真は滅多に撮らないので、今手元にそいつの記録はそれだけしか無い。

それを見たら、また親友に会いたくなった。
会いたくなりたく無かったな。
ただ懐かしむだけで良かったのに。


あと30年くらい経って俺が50代になった時、俺の中のそいつはどうなっているのだろうか。

ずっと俺の記憶のままの、20代のそいつが変わらずに居るのだろうか?
俺が歳をとって、そいつとの年齢がどんどん離れていく事が少し怖い。
この気持ちもいずれ風化してしまうと思うと怖いぞ。

20年くらい前、今のわんこの前に飼っていたペットの事も今となっては懐かしむ事すら無い。
あれだけ大切にしていたのに。